アゲインファーム(農場)|野菜が日一日と成長する 感動を味わってみませんか?

アゲインファーム(農場)
アゲインファーム(農場)

野菜が日一日と成長する感動を味わってみませんか?

「アゲインファーム」では、広大な農地でさまざまな野菜を育てています。 就労継続支援B型・就労移行支援2タイプに対応しています。

広大な農地でさまざまな野菜を育てています

 姫にんじんの収穫

 

 「アゲインファーム」は、総面積約4.7ha の農地と20棟のビニールハウスを所有しています。広大な農地で、さまざまな野菜を育てています。

 

 ブロッコリー、ミニトマト、小松菜、ピーマンなどのほか、紫色のにんじんや、オレンジ色のカリフラワーといった珍しい野菜もたくさん栽培しています。カラフルで珍しい野菜は、出荷先で特に大好評で、収穫が始まるとすぐに注文依頼が入ります。

カラフルにんじん|アゲインファーム  ブロッコリー|アゲインファーム  UFOズッキーニ|アゲインファーム

 一年を通してさまざまな旬の野菜を育てることで、季節の移り変わりを肌で感じ、自然への理解や関心を深めることができます。栽培している野菜の種類が多いので、飽きることなく、日々いろいろな発見や感動を味わうことができます。

 広々とした農場での作業は、屋内作業では得られない開放感を感じることができます。

最初は簡単な作業から、無理のないペースで進めています

 

アゲインファーム|1日のスケジュール

 最初は水やりや除草といった簡単な作業から始め、利用者一人ひとりの体力や体調を十分に考慮し、適性やスキルに合った訓練をしていただきます。

 農地は広々としていますが、各チームは少人数制なので、大人数が苦手な方も安心して通所していただけます。農場を希望する女性の利用者も、無理のないペースで作業しています。

 最初はみんな未経験ですが、月日を重ねていくうちに、それぞれの野菜の特徴や栽培方法の違いなどを知ることができます。

最初はみんな未経験ですが、月日を重ねていくうちに、それぞれの野菜の特徴や栽培方法の違いなどを知ることができます。

 

 

 「アゲインファーム」は、チーム制(少人数)

 利用者2、3名の小さなチームや、7・8名のチームがあり、それぞれ異なる野菜を担当しています。

少しずつ自分で動けるよう指導していくチーム、少人数で比較的ゆったりとしたペースで進めていくチームなど、それぞれに個性があります。

 チームに分かれて作業することで、利用者一人ひとりをよりきめ細やかに指導できます。利用者にとって、自分に合った居心地のいいチームであるようスタッフ一同、努力しています。

 

チームそれぞれのペースや個性があります

どのチームも、利用者のスキルに合った作業を進めながら、得意なことを生かし、働くことの喜びを感じていただけるようサポートしています。

 どのチームも、利用者のスキルに合った作業を進めながら、得意なことを生かし、働くことの喜びを感じていただけるようサポートしています。

 

農業の魅力
農業の魅力

農作業をすることで生活のリズムが整います

五感が刺激され、心身のリフレッシュになります

農場に出て、風や土の匂いを感じることで五感が刺激され、心身ともにリフレッシュすることができます

 「アゲインファーム」は、神戸市西区平野町の田園の中にあり、遠くの山々を見渡すことができ、野鳥なども楽しめます。

 農場に出て、風や土の匂いを感じることで五感が刺激され、心身ともにリフレッシュすることができます。

 太陽の光を浴びて作業することで、体内リズムが整い、規則正しい生活のサイクルが自然と身につき、免疫力が高まり、心身の安定や心の安らぎが促されると考えられています。

 また、農作業によって体を動かすことで運動不足や不眠の解消にも大変効果があります。

 

 

栽培や収穫に携わることで、忍耐力が身に付きます

「アゲインファーム」農業の魅力|栽培や収穫に携わることで、忍耐力が身に付きます

 野菜の栽培は、天候や害虫などが原因でうまくいかないこともあります。人間の力では思い通りにならない自然を相手に、試行錯誤し、助け合いながら困難を乗り越えていくことで、少しずつ忍耐力を身につけることができます。苦労して育てた野菜が青々と実ったときの感動はひとしおです。

 また、苦労や収穫の喜びを日々感じる中で、スタッフや利用者同士との仲間意識や信頼関係も芽生えます。 アゲインでは、野菜を育て上げる経験を通じて、自己肯定感を高め、心が前向きになるきっかけになればと考えています。

 

 

アゲインファームの設備紹介

アゲインファームの設備紹介

 「アゲインファーム」では、一年中さまざまな野菜が栽培できるよう、20棟のビニールハウスを設置しています。ハウスを活用することで、冬場もミニトマトやピーマンなどを収穫することができます。雨天時に、ハウス内で作業し雨をしのぐ際にも大活躍です。

 トラクターや草刈り機なども数台完備し、利用者の負担軽減と作業効率アップに努めています。

 

アゲインでは「耕作放棄地」を再生利用し、 高齢化で担い手がいない農地の復元を行なっています。 今後も農地面積を拡大させていく予定です。